HBA 北海道バスケットボール協会 公式ホームページ
Contens
TOP
はじめに
規定
大会日程/結果
委員会・事務局
連盟・地区協会
リンク


Team JBA
JBA会員登録管理システム


JBA公認コーチライセンス
JBA公認コーチライセンス


JBA


Bleague

Wleague


北海道総合スポーツクラブ
一般社団法人
北海道総合スポーツクラブ

レバンガ北海道
レバンガ北海道
TOP  >  はじめに

はじめに

会長挨拶

北海道バスケットボール協会 会長 萩原一利  平成25年度は道協会役員改選の年度となり、再び会長の重責を担うこととなりました。日頃から全道各地区協会並びに各競技団体におかれましては、道協会の大会運営と強化・普及に多大のご協力を賜っておりますことに感謝を申し上げます。
 また、昨年は道協会の節目となります80周年を迎え、道協会において各種記念事業と記念式典が実施しましたが、関係各位のご尽力とご配意を得て盛会裡に終了しましたことに対しましても改めて御礼を申し上げます。
 私は常々「北海道を日本一バスケットボールが盛んで強い地区にすること」そして、「バスケットボール競技をメジャーなスポーツにすること」を大目標に掲げ、その強化と普及に励んで参りました。その成果としてミニ、ジュニア、高校のカテゴリーにおいて、全国大会で優勝という結果に繋がっております。
 しかしながら、一方では少子化によるチーム・競技者の減少など、バスケットボール競技を取り巻く現状に危機感を抱いているのも事実であります。これらの状況を打破するためには、道協会はもとより地区協会、各競技団体の皆様と知恵を出し合い、魅力あるバスケットボール競技を目指して参りたいと考えておりますので、忌憚のないご意見をお寄せいただければと存じます。
 2020年には東京オリンピックの開催が決定しました。北海道からも若い世代がオリンピックに出場できるよう協会役員一同「一枚岩」となって努力していく決意でありますので、各地区協会並びに各競技団体の皆様には今後とも絶大なるご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。
       平成26年 8月14日

理事長挨拶

北海道バスケットボール協会 理事長 森野和泰  本協会に登録頂いている競技者の皆様、そして14地区協会、11連盟(本年度よりシニア連盟が新たに発足)、関係各位に対し、日頃より協会事業推進にご協力いただき心より感謝申し上げます。
 本協会は1932年(昭和7年)10月に発足し、2012年に80周年を迎えております。その折に20年構想、100周年に向け普及強化の軸となるチーム・競技者の目標を「チーム2,000」・「競技者40,000人」という目標を掲げました。
 しかし、少子化による学校の統廃合等によるチーム数の減少など、環境は厳しいものでありますが、シニア連盟登録・中学から高校、専門学校、大学、そして社会人として競技の継続などの環境整備を実施し生涯スポーツとしてバスケットボールが普及発展できるようにすることが先に掲げた目標を達成できるカギと考えております。その大きな支えとなるのが、バスケットボールを始めるきっかけ作りであり、ミニバスケット普及が原点であることは間違いありません。
 私事ではありますが、ミニバスケットには札幌豊園小ミニバスの発足、そし西岡北ビッグウエーブと、現在まで30年近く携わらせていただいております。
 また同時に推進しなければならない重要なことは、未登録チーム、3X3の登録問題にも取り組んでいきたいと考えております。社会人がしっかりと子供たちを支える協会運営が必要と考えております。
2020東京オリンピック、パラリンピックの開催が決定し、本道においても合宿誘致準備が市町村において盛んになってきております。本協会としては合宿誘致にとどまらず、道産子オリンピアンの輩出に取り組んでまいります。その目標に向かい長期強化対策を講じてまいりますので、地区協会・連盟、各別のご協力をお願い申し上げます。
       平成26年 8月14日

リンクについて

本サイトへのリンクは原則として自由です。

リンク先はトップページ(http://hokkaido.japanbasketball.jp/)へお願いします。個別ページに対するリンクはご遠慮ください。

リンクの際、以下のバナーを使用して頂いても結構です。

 Size:100×59

北海道バスケットボール協会
本サイト内の文章・写真の無断転載を一切禁じます。Copyright(C)2008 HBA All Rights Reserved.
サイトマップ