HBA 北海道バスケットボール協会 公式ホームページ
Contens
TOP
はじめに
規定
大会日程/結果
委員会・事務局
連盟・地区協会
リンク


Team JBA
JBA会員登録管理システム


JBA公認コーチライセンス
JBA公認コーチライセンス


JBA


Bleague

Wleague


北海道総合スポーツクラブ
一般社団法人
北海道総合スポーツクラブ

レバンガ北海道
レバンガ北海道
TOP  >  規定

北海道バスケットボール協会規定

協会規約 地区協会規定 加盟登録規定 役員登録規定 委員会設置規定 財務規定 表彰規定 倫理規定

北海道バスケットボール協会・倫理及び懲罰に関する規定

(目的)
第1条  本規程は、北海道バスケットボール協会(以下「本協会」という。)の評議員、顧問、参与、理事、監事、委員会委員(以下「役員」という。)、及び公認コーチ、公認審判員、本協会主催競技会へ参加する監督、コーチ、選手、チーム関係者、(以下「競技関係者」という。)、並びに本協会規約「第5条」に定める、地区バスケットボール協会、全道的に組織されたバスケットボール競技団体の役員、競技関係者の倫理及び懲罰に関する基本的な事項を定めることにより、バスケットボール競技の健全な育成発展はかるとともに、本協会の社会的な信用、信頼を確保することを目的とする。

(責務)
第2条  役員及び競技関係者は、本協会の定めた「規約・規程」・決定事項を遵守し、自他共栄、フェアプレーの精神に基づき、公正且つ誠実に運営し、バスケットボール競技の健全な普及、発展に努めなければならない。

(禁止事項)
第3条  役員及び競技関係者は、次に掲げる行為を行なってはならない。
   (1)本協会規約、規定、その他決定事項に反する行為。
   (2)身体的・精神的暴力(暴言、脅迫、威圧等)、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、個人的な差別など人権尊重の精神に反する言動や、個人の名誉を傷つける言動をとること
   (3)選手の進路にかかわる所要の手続きを経ず、選手の勧誘、入部、移籍を行なうこと。また、これに伴う選手の勧誘、入部、移籍に関連し選手にこれらの強要、並びに当事者間(選手、保護者、指導者など)において金品等を授受すること
   (4)禁止薬物の使用(ドーピング)等により、フェアプレーの精神に明らかに違反すること
   (5)著しく人格、名誉、プライバシーを損ねる言動、並びにそれらを発信すること。
   (6)競技会等において、競技規則の基本となる精神を損なう行為、並びに非常識な言動をとること
   (7)本協会の社会的信用を失墜させる行為
   (8)その他スポーツマン精神に反する行為

(調査及び報告・1)
第4条 役員及び競技関係者が本規定「第3条(禁止事項)」に違反する行為、又はそれらに関する投書、相談、調査等の要請があった場合、(原則、匿名での要請は除外)本協会は内容を審査し、必要と認めた場合、別に定める倫理委員会の招集を決定する。
2 倫理委員会が招集され、内容の確認・調査が必要と認めた場合、別に定める調査委員会の設置を本協会に提案する。調査委員会設置、並びに委員は本協会会長が決定する。
3 調査委員会は、発生事案の内容について慎重に調査し、倫理委員会へ報告書を提出する。
4 倫理委員会は、調査委員会の報告内容を審議し、審査報告書、並びに科すべき懲罰内容の原案を添付し本協会に提出する。

(調査及び報告・2)
第5条 本協会規約「第5条」に定める、地区バスケットボール協会、及び全道的に組織されたバスケットボール競技団体の役員、競技関係者が本規定「第3条(禁止事項)」に違反する行為、又はそれらに関する投書、相談、調査等の要請があった場合、(原則、匿名での要請は除外)当該団体は内容を確認し、本協会に報告する。
2 本協会は報告を受理し調査が必要と認めた場合、当該団体に対し事実関係調査を要請する。
3 前項2の調査要請を受けた当該団体は調査委員会を設置し、内容について慎重に調査を実施し、本協会に報告書を提出する。
4 本協会は当該団体の報告を受け、必要に応じ倫理委員会を招集し内容を審議し、審査報告書、並びに課すべき懲罰内容の原案を添付し本協会に提出する。
5 本協会が必要と認めた場合、当該団体との合同調査委員会をもって調査を行う。

(懲罰の種類)
第6条 懲罰の決定に当たっては、非違行為の態様や結果を慎重に審査し、役員にあっては役員資格の一定期間又は永久停止、あるいはその他の懲罰、競技者にあっては競技会等への出場及び参加資格の一定期間又は永久停止、あるいはその他の懲罰とする。但し、違反の事実が当事者の故意ではなく、且つ軽微なものと判断された場合には、注意又は警告にとどめる。

(懲罰の決定)
第7条 懲罰量定の決定は本協会常務理事会、及び当該団体と本協会が協議し決定する。
2 決定した懲罰・審査等の内容は当事者に対し文書で通知する。又、必要に応じ関係機関に通知することとする。

(その他)
第8条 この規程に定めるもののほか、別途必要な事項、並びに緊急を要するものは本協会会長の判断により別に定める場合がある。

附 則

1 本規程は、平成25年9月21日から施行する。
2 本規程の改廃は、評議員会に於いてこれを行う。

改正附則

1 平成26年9月20日開催の北海道バスケットボール協会評議員会において、規約第1条の文言の一部改正、並びに第3条(8)を追加する。



北海道バスケットボール協会・倫理及び懲罰に関する規程「細則」

(趣旨)
第1条 この細則は、北海道バスケットボール協会(以後、「本協会」という。)、倫理及び懲罰に関する規定「第4条・第5条」に基づき倫理委員会、並びに調査委員会の設置に関する必要な事項を定める。

(任務)
第2条  倫理委員会は、倫理及び懲罰に関する規定に基づき非違行為の事実関係の審査をおこない、違反行為が確認された場合、意見書、懲罰の原案を作成し本協会に報告する。
2 倫理規定「第4条・2項」並びに「第5条・4項」に基づき、調査委員会は発生事案について調査を行う。

(組織)
第3条 倫理委員会は次の者をもって組織し、1名を委員長、1名を副委員長、3名を委員とする。  
(1) 北海道バスケットボール協会副会長より選出 1名
(2) 北海道バスケットボール協会常務理事より選出 2名
(3) 学識経験者 2名

2(調査及び懲罰・1)倫理規定第4条に定める調査委員会は以下の3名をもって組織する。  
(1) 委員長 1名
(2) 委 員 2名

3(調査及び懲罰・2)倫理規定第5条に定める調査委員会は、当該団体において決定する。
4 同条5項に定める合同調査委員会は、同条項3の当該団体選出委員と、本協会選出委員をもって組織する。

(委員の委嘱)
第4条 倫理委員会の委員は常務理事会において推薦し、会長が委嘱する。委員のうち、本細則第3条(3)の学識経験者とは、倫理規定に定める役員及び競技関係者に該当しない者とする。
2 調査委員会の委員は会長が委嘱する。

(委員の任期)
第5条 倫理委員会の任期は、北海道バスケットボール協会規約第20条の規定を準用する。
2 調査委員会の任期は、事案ごとの結審をもって終了とする。

(その他)
第6条 この規程に定めるもののほか、別途必要な事項、並びに緊急を要するものは本協会会長の判断により別に定める場合がある。

附 則

1 この細則は、平成25年9月22日より施行する。
2 この細則の改廃は、評議員会に於いてこれを行う。
倫理委員会の最初の委員は、次に掲げる者とする。           平成25年9月21日          
委員長 山村  孝「北海道バスケットボール協会・副会長」
副委員長 森野 和泰「北海道バスケットボール協会・理事長」
委  員 森岡 英生「北海道バスケットボール協会・競技委員会委員長」
委  員 白髭 俊穂「学識経験・(公財)北海道体育協会、専務理事」
委  員 川村  章「学識経験」

北海道バスケットボール協会
本サイト内の文章・写真の無断転載を一切禁じます。Copyright(C)2008 HBA All Rights Reserved.
サイトマップ