HBA 北海道バスケットボール協会 公式ホームページ
Contens
TOP
はじめに
規定
大会日程/結果
委員会・事務局
連盟・地区協会
リンク


Team JBA
JBA会員登録管理システム


JBA公認コーチライセンス
JBA公認コーチライセンス


JBA


Bleague

Wleague


北海道総合スポーツクラブ
一般社団法人
北海道総合スポーツクラブ

レバンガ北海道
レバンガ北海道
TOP  >  規定

北海道バスケットボール協会規定

協会規約 地区協会規定 加盟登録規定 役員登録規定 委員会設置規定 財務規定 表彰規定 倫理規定

北海道バスケットボール協会財務規定

第1章 総   則

(目 的)
第1条 この規程は、北海道バスケットボール協会規約(平成4年制定。以下「規約」という。)
第2章財務及び会計各条の規定に基づき北海道バスケットボール協会(以下「協会」という。)の財務及び会計に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(経理の原則)
第2条 協会の経理状況及び財政状態を明らかにするため、財産の増減及び移動並びに収益及び費用については、その発生に基づいて経理しなければならない。

(会計年度)
第3条 協会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(収支等の命令)
第4条 協会の支出命令、支出の原因となる契約その他の行為、収入命令並びに現金及び物品の出納命令は、理事長が行う。

(出 納 員)
第5条 協会の現金及び物品の出納、その他会計の事務処理は事務局長並びに事務局次長が行い、それら執行する内容の一次審査、並びに処分は財務部長が行なう。
また、事務処理に補助が必要と認められた場合は臨時職員を充てる。

(理事長の事務の委任)
第6条 理事長の権限に属する次の各号に掲げる事項は、事務局長及び財務部長に委任することが出来る。
   (1)現金及び有価証券の出納及び保管に関すること
   (2)預金を組み換えること
   (3)物品の出納及び保管に関すること

(管理義務)
第7条 この規程に基づいて、現金、有価証券又は物品その他の資産を取り扱う者は、善良な管理者としての注意を払わなければならない。

第2章 予算及び決算

(予算書等の作成)
第8条 委員会、並びにそれら関係部署は定められた期日までに、次年度の事業計画及び予算書を提出し、理事長は規約・第9条に則り、収支予算書を作成するものとする。

(予算の執行)
第9条 9条予算の執行は本規程第8条により作成された、事業計画・予算書に則り執行することとし、執行月の前月までに常務理事会に実施内容について提案、審議し執行する。

(予算の補正)
第10条 既定の予算に重要な変更を加える必要が生じたときは、理事長は補正予算を作成し、常務理事会においての決議をもって年度途中にこれを執行することができる。この場合、北海道バスケットボール協会規約第9条(事業計画及び予算)の理事会の議決及び評議員の同意を得たものとみなす。

(決算の整理)
第11条 理事長は、毎会計年度末において決算整理事項として、次の各号に掲げる業務を処理しなければならない。
   (1)決算期日までの一切の取引の記帳整理
   (2)試算表の作成
   (3)期末整理事項の処理
   (4)関係原簿の整理
2 前項第3号の期末整理事項の処理は、次の各号に掲げる事項についても行うものとする。
   (1)未払費用の計算
   (2)前払費用の計算
   (3)繰入額の決定             
   (4)その他未処理事項の整理

(決 算)
第12条 理事長は、毎会計年度終了後2箇月以内に規約第10条の規定に基づき、事業報告書、収支決算書及びその他付属諸表を作成するものとする。

(監事の監査)
第13条 監事は、財産、会計及び業務執行状況について、毎会計年度1回以上期日を定めて監査するものとし、必要があると認めるときは随時に監査することができる。

第3章 帳  票

(書類及び帳票)
第14条 理事長は、規約第35条に規定する書類及び帳票を事務局に備え、記録整理しなければならない。

第4章 金銭会計

(現金及び有価証券の保管)
第15条 事務局長は、すべて現金及び有価証券を理事長の指定する銀行に預金する等安全確実な方法で保管しなければならない。

(小口払い現金)
第16条 常用の経費で、小口の現金支払を必要とするものについては、前条の規定にかかわらず、理事長の定める額を限度として手元保管することができる。

(収入の請求)
第17条 理事長は、収入の理由が発生したときは、直ちに請求書を作成して、納入義務者に請求しなければならない。

(支出の支払方法)
第18条 支払いは、口座振替により行うものとする。ただし、特に必要があると理事長が認め るときは、直接払いによることができる。

(概算払い及び前金払い)
第19条 理事長は、必要に応じて経費の概算払い又は前金払いをすることができる。

(資金前渡し)
第20条 理事長は、必要があると認めるときは、評議員又は役員に対して資金を前渡しすることができる。

(概算払い及び前渡し金払いの精算)
第21条 理事長は、概算払いをした場合において当該経費に係わる債務が確定したとき又は当該債務の履行期が到来したとき、資金前渡しをした場合において当該前渡し資金の支払いが完了したとき又は前渡し資金を保管する必要がなくなったときは、直ちに精算し会計整理しなければならない。ただし、前渡し資金については、当該経費の精算は資金前渡しを受けた評議員又は役員が行うものとする。

第5章 補   則

(委 任)
第22条 この規程に定めるもののほか、財務に関し必要な事項は理事長が定める。

(改 正)
第23条 この規定の改正は、評議員会の決議を得て、これを行う。

附  則

1 この規程は、平成4年4月1日から施行する。

改正附則

平成21年9月27日 一部改正
平成21年9月27日開催の北海道バスケットボール協会評議員会において、規定第5条、第6条を一部改正し、承認後直ちに施行することを決定。

平成22年9月23日 一部改正
平成22年9月23日開催の北海道バスケットボール協会評議員会において、規定第5条、第8条及び第9条を一部改正し、承認後直ちに施行することを決定。

平成26年9月20日 一部改正
平成26年9月20日開催の北海道バスケットボール協会評議員会において、規定の一部文言の改正を行う。

改訂履歴

  • 平成 4年 4月 1日制  定
  • 平成21年 9月27日一部改正
  • 平成22年 9月23日一部改正
  • 平成26年 9月20日一部改正
北海道バスケットボール協会
本サイト内の文章・写真の無断転載を一切禁じます。Copyright(C)2008 HBA All Rights Reserved.
サイトマップ